慢性腎臓病では食事療法は重要視されます

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにこれまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や生の果物と違ってそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を試みる事で腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。更に言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は重要視されます。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。食事を元にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、全く摂らない訳にはいけません。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い味付けの食べ物には思ったより沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が含まれます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施困難な方を多く見受けます。続きはこちら>>>>>腎臓病食事宅配口コミ